稼ぎやすい場所

一般的に、男性は若い女性のほうが好きだと思う人が多いでしょう。ですが、実際にはそうでもなかったりするもので、案外年上の女性のほうが好みという男性も少なくはないのです。一昔前は結婚する女性は年下という認識が強かったですが、今では女性のほうが年上だという夫婦も決して珍しい話ではありません。実際に自分の周りにも結構「姉さん女房」の夫婦が多いのではないでしょうか。では、風俗でいえば男性は何歳ぐらいの女性が好きなのか気になるところでもあります。

たとえば60歳の男性の場合、30歳で子どもができればその子どもは30歳となります。基本的に、自分の娘よりも下の女性とは遊びづらいという傾向になりますので、その男性は30歳以下の女性とは遊ぶことができません。となれば、自然とその男性が風俗店で指名する女性の年齢は最低でも30歳以上ということになるのです。30歳以上となれば風俗業界でいえば人妻や熟女のグループになってきますので、自然とそういったお店がなくならないということがわかるかと思われます。昨今、ロリコン男性の犯罪がよくニュースで取り上げられていますので、この世にはロリコン男性が多いと思われることでしょう。しかし、自分の娘より若い女性には手を出しづらいという暗黙のルールを持っている男性のほうが圧倒的に多いのです。そこで、一般的には20歳も歳が離れていたら離れすぎだと感じるはずです。ちなみに、男性が40歳で女性が20歳となれば離れすぎと感じる人のほうが多いのです。そこで、女性は自分より15歳くらい歳が離れている男性客がいるお店で働くと稼ぎやすいというようなことがよくいわれます。たとえば、40歳の女性であれば40歳~55歳くらいまでの男性客がいるお店、もしくは25歳~40歳くらいの男性客がいるお店ということになります。

このあたりがお客様に気に入ってもらいやすい女性のラインでもあるのです。もし仮に、40代から風俗のお仕事を始めるような人であれば、そういった年齢層が幅広く来店されるお客様が多いお店働くと多く稼げる見込みがあるかもしれません。とはいえ、初心者がお客様の動向まで理解するのは難しいかと思われます。ですので、電話の時点で聞いてみるのもいいですし、インターネットなどの口コミなどを参考にしてみるのも一つの手になります。しかし、40歳以上で初めて風俗店で働くのであれば、最初から「熟女系」の風俗求人を探して働き始めるのが一番無難になるのではないでしょうか。

関連HP≪https://job-jukujoya.com/juso/

熟女にハマる理由

熟女系のお店というのは、今では想像を超えるほどの人気を誇っています。やはり、熟女系のお店を選ぶ男性の最大の目的は「癒し」と「安心感」になります。こればかりはテクニックだけでは何ともならない部分でもあり、やはり歳を多く重ねている経験というものが大きく左右されてくるのです。そういった部分が熟女系の風俗店が愛される理由となっているのです。とはいえ、若い女性であっても多くの風俗店で働いてもいますし、人気のある女性はかなり稼いでもいます。しかし、若い女性が多く働いているということから、お店によっては余らしているケースもあるようなのです。その点、熟女系で働く女性はその絶対数が少ないということから、意外に簡単に稼げたりもします。

後、稼げる理由の一つに、お客様との「駆け引き」が上手という点も挙げられます。そもそも、男性というのは恋の駆け引きが苦手とする生き物です。遊び慣れているごく一部の男性は例外かもしれませんが、一般的に男性というのは恋の駆け引きが苦手だったりするのです。そういう男性も相手が若い女性だと、つい駆け引きのようなものに挑もうとすることがあります。たとえば、若い女性に少しばかり優しくされたらその気になってしまい、個人的にどうやって仲良くなろうかということも考えてしまうことでしょう。ちなみに、そういう気持ちを仕掛けているのは女性のほうからになります。女性自身にもそうさせている自覚がなくても、相手が駆け引きを仕掛けてきたと思ったら無意識のうちにであれその駆け引きに勝たなくてはならないと思ったりするのです。しかし、これが熟女が相手だと若い女性を相手にしているときに比べて、安心するという気持ちが真っ先に生まれてくるのです。要するに、男性は熟女が相手だと「この女性は大人だから大体のことはわかっている」と勝手に判断をするということです。ということは、女性自身も色気を使って妙な駆け引きなんて挑んでこないと思っているということになります。そもそも、色恋を求めて風俗店で遊ぶ男性より、落ち着いてエッチなことに集中したいと思って遊ぶ男性のほうが多いのも事実です。ですので、多少女性側のほうが優位な立場でいるぐらいがちょうどいいような気もします。男性の気持ちも十分ぐらいに理解している、格好をつけていることぐらいお見通し、といった女性に相手をしてもらうほうが風俗では楽なのです。これが、若い女性では絶対に成立しないということです。

好まれる理由

風俗店で働く女性の年齢というのは一般的に若く思われがちになります。ですが、ここ最近では30代~60代までといった「人妻系」や「熟女系」といった業種の風俗店がとても人気が出ているのです。一言でいえば、風俗店で働く女性というのは若いだけではなく、「熟女系」の風俗店も決して侮ってはならないということなのです。ですので、30代を過ぎているからという理由だけで、風俗店での勤務をあきらめるというのはかなりもったいないような気もします。ちなみに、多くの人妻系、熟女系風俗店にはテクニックを求めて来店されるお客様がほとんどです。そこで、熟女系風俗店には他の業種にはないサービスというのも多く含まれているのです。

まず、熟女系風俗店のサービスに、「ボタンつけ」、「お悩み相談」といったゼロ円で行える秀逸なオプションを用意しているお店が存在してきます。こういうオプションというのは、ある程度熟女系のお店に遊びに来るお客様の心理を知っていないと作れないだろうかと感じます。やはり、熟女系のお店を選ぶ男性の特徴には「安心感」を求める男性が多いということが挙げられます。お色気を求めて恋の駆け引きをしながらガッツリ遊びたいと思っている男性は、若い女性のいるお店で遊ぶものなのです。そういったことから、熟女系のお店を選ぶ最大の理由は「本当の癒し」というものを完全に求めているということがわかります。ですので、人からすれば30代や40代前半あたりだとまだ若いと感じる男性も中にはいることでしょう。ということは、母親的なサービスも中には必要だったりするのかもしれません。とはいえ、決して本当の母親と性行為をしたいわけではなく、ここで言う母親というのはあくまでも「母親的なという部分になります。要するに、疑似的な母性を求めて熟女系のお店に来るということから、「ボタンつけ」などのようなゼロ円オプションが成立してくるということなのです。

もし仮に、30代以上から風俗店で働くことになるのでしたら、接客の際に自分から「ボタンつけ」のオプションを促してみるのも良いかと思われます。少しでも取れかかっているボタンをつけ直す、取れたボタンはないのかを聞いてみる、ということは熟女と呼ばれる女性でしかできない特権でもあるのです。これが若い女性であれば何か不気味に感じますが、ある程度歳を重ねている女性であれば何の違和感もありません。優しさや癒しという部分が前面に押し出されてきますので、そういった女性を次にも求めたくなる現象に陥ることもあります。そうなれば、自然と次の指名獲得という特権もありますし、ある程度の口コミでお客様が押し寄せてくる可能性もなきにしろあらずなのです。