好まれる理由

風俗店で働く女性の年齢というのは一般的に若く思われがちになります。ですが、ここ最近では30代~60代までといった「人妻系」や「熟女系」といった業種の風俗店がとても人気が出ているのです。一言でいえば、風俗店で働く女性というのは若いだけではなく、「熟女系」の風俗店も決して侮ってはならないということなのです。ですので、30代を過ぎているからという理由だけで、風俗店での勤務をあきらめるというのはかなりもったいないような気もします。ちなみに、多くの人妻系、熟女系風俗店にはテクニックを求めて来店されるお客様がほとんどです。そこで、熟女系風俗店には他の業種にはないサービスというのも多く含まれているのです。

まず、熟女系風俗店のサービスに、「ボタンつけ」、「お悩み相談」といったゼロ円で行える秀逸なオプションを用意しているお店が存在してきます。こういうオプションというのは、ある程度熟女系のお店に遊びに来るお客様の心理を知っていないと作れないだろうかと感じます。やはり、熟女系のお店を選ぶ男性の特徴には「安心感」を求める男性が多いということが挙げられます。お色気を求めて恋の駆け引きをしながらガッツリ遊びたいと思っている男性は、若い女性のいるお店で遊ぶものなのです。そういったことから、熟女系のお店を選ぶ最大の理由は「本当の癒し」というものを完全に求めているということがわかります。ですので、人からすれば30代や40代前半あたりだとまだ若いと感じる男性も中にはいることでしょう。ということは、母親的なサービスも中には必要だったりするのかもしれません。とはいえ、決して本当の母親と性行為をしたいわけではなく、ここで言う母親というのはあくまでも「母親的なという部分になります。要するに、疑似的な母性を求めて熟女系のお店に来るということから、「ボタンつけ」などのようなゼロ円オプションが成立してくるということなのです。

もし仮に、30代以上から風俗店で働くことになるのでしたら、接客の際に自分から「ボタンつけ」のオプションを促してみるのも良いかと思われます。少しでも取れかかっているボタンをつけ直す、取れたボタンはないのかを聞いてみる、ということは熟女と呼ばれる女性でしかできない特権でもあるのです。これが若い女性であれば何か不気味に感じますが、ある程度歳を重ねている女性であれば何の違和感もありません。優しさや癒しという部分が前面に押し出されてきますので、そういった女性を次にも求めたくなる現象に陥ることもあります。そうなれば、自然と次の指名獲得という特権もありますし、ある程度の口コミでお客様が押し寄せてくる可能性もなきにしろあらずなのです。